店舗デザインはコンセプトを考える|室内変えてビジネス変える

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加
葉っぱ

しっかり知って点検する

どんなものが地球環境にとって悪い影響をもたらすのか、しっかり知って前もって対策することが法人の義務です。フロンについても排出量が規制されているので、それも把握しておきましょう。

家

放棄された土地を有効活用

太陽光で行なう発電では、二酸化炭素も生み出されませんので地球環境に良いといわれています。そのため、ソーラーシェアリングが土地を持つ人や法人に注目されてきているのです。

現場に応じたタイプを使う

内観

雨が降っている場所、電源が確保できないケースでも灯りが必要になることはたくさんあります。そんな時に便利なのが作業灯ですが、現場の種類によって適したものを使うことでより作業効率が上げられるのです。

お店のめざすところ

お店

お店や事務所を開業する際に、そのデザインは必要不可欠です。デザインといえばおしゃれなカフェやアパレルなら絶対にしなければならないけれど、その他の業種であればあまり必要ないのでは、と考える人も中にはいます。しかし、そうではないのです。どんな店舗や事務所においても、設計やデザインはしっかり考える必要があります。その建物や部屋の中でスタッフが動き、お客さんに気持よく過ごしてもらうためには配慮がなければいけません。ごちゃごちゃした事務処理に必要な資料が見えないようにしっかり目隠しができている部屋の設計にするといった計画を立てることになります。これを一からスタッフや設立者が考えることも大事ですが、やはりプロに手伝ってもらうことが大事です。

店舗デザインをしてくれる業者があるので、まずはそこに相談に行くことから始めます。この業者選びも大変重要で、しっかりどんな建物やオフィスを手がけているのかを確認する必要があります。一番参考になるのが、その設計事務所が掲げている理念です。おしゃれな空間を目指している事務所ならアパレルやブランドの店舗を手掛けるのに最適ですし、機能的な場作りを目指しているという設計事務所には、オフィスのデザインを任せると良いでしょう。中には今までにないエキセントリックな空間を作る挑戦をしているところもあります。クラブなどの店舗や、期間限定で運営するようなコンセプトショップならそういった事務所に任せると予想もつかない設計をしてくれると期待できます。