店舗デザインはコンセプトを考える|室内変えてビジネス変える

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

現場に応じたタイプを使う

内観

災害ではライフラインが寸断されます。そのため、電気が使えなくなるということは地震や台風があれば当然起こりうる事態です。昼ならまだしも、夜にそんな事態が起こると作業しなければならない工事現場や捜索隊は不便を強いられてしまうのです。そんな場合に備えて作業灯はあらかじめ準備しておくと安心です。どんな作業灯が良いかは使う現場によるので、どんな作業をするかしっかり想定する必要があります。屋外で使う場合と、火気がある場所で使うケースがあるので、それに応じた光が供給できるようにしてください。作業灯にはいろんなタイプがあるので、きっと現場に合わせて利用できるはずです。

まず、防爆タイプという作業灯があります。これは光が点灯する際の設計を細心の注意を払って行なうようにできるもので、火気がある場所に使用されます。例えば航空機の点検で使われますが、航空機には精密なエンジンがあり、それに使われる石油が存在しています。そんな場所では火気厳禁が原則ですので、強い光を生み出す電気の点灯には厳密な規制がかけられています。第1種や第2種の危険現場であっても防爆タイプの作業灯なら使っても安心です。その他にはコードレスタイプがあり、電源がない場所での作業に対応できます。大きな電灯だけでなく、ハンドタイプもあるので、狭い場所を照らしたい場合、どうしても背後に光源がきて影が邪魔になってしまう場合にも使えるようになっているのです。このように現場に合ったタイプを選んで、作業効率を上げられるようになっています。